ラクトフェリンの気になる副作用

ラクトフェリンによる副作用はある?

ラクトフェリンは、母乳に含まれている成分です。糖たんぱく質であり、赤ちゃんが飲んでいる母乳に含まれていることを考えると、成分としては安全性が非常に高いと言えますね。アメリカで2001年に、GRASとして認められました。日本ではまだ不安を感じる人が多いかもしれませんが、安心して口にできる成分であることに間違いありません。

 

副作用として特に心配することがないといっても、一つだけ気になることがあります。それはアレルギーです。乳製品アレルギーの場合、ラクトフェリンを摂取することで副作用が出る可能性があります。アレルギー症状も軽いものであれば、それほど心配する必要はありません。でもアレルギー症状は、時に重大な症状を招きます。呼吸困難などになれば、大きな問題です。乳製品アレルギーがある場合は、ラクトフェリンを摂取するのは難しいかもしれません。摂取したい場合は必ず医師に相談してくださいね。

 

ラクトフェリンの適正量は?

ラクトフェリンの副作用はないとっても、たくさん飲み過ぎるのは禁物です。100r以上300rが摂取量として適正と言われており、この範囲でサプリメントにも推奨量として書かれているはずです。これ以上飲んでダメというわけはないですが、効果としてはあまり変わることがないと思います。過剰摂取といって、たくさん飲み過ぎたことで感じる不調もあります。腹痛などはよくありますね。腸内環境を改善するという目的もあるラクトフェリンですが、たくさん入ってきたことで腸がびっくりしてしまいます。

 

適正量を守る、という基本を忘れないでくださいね。

 

サプリメントが招く副作用って?

ラクトフェリンそのものに原因があるとは限らず、サプリメントに含まれる他の成分が影響しているかもしれません。ちゃんと一つ一つの原料をチェックして、インターネットなどでその成分について調べてみてください。面倒かもしれませんが、自分自身を守るための大事な行動です。長く飲み続けるために、しっかりと素材を吟味しましょう。