アレルギーにいいラクトフェリン

アレルギー症状として有名なものといえば、花粉症とアトピーですね。毎年花粉の季節になると憂鬱になる…すぐに肌が荒れてアトピーが辛い…というような状態の人にも、ラクトフェリンがおすすめです。花粉症やアトピーから解放されたら、憂鬱だった気分も吹き飛んで、毎日アレルギー症状を気にすることなく過ごせますよね。

 

どうしてアレルギーになるの?

アレルギーの人

アレルギー症状が出てしまうのは、昔からだからそういう体質…というような認識をしている人が多いと思いますが、原因はちゃんとあります。アトピー性皮膚炎も花粉症も、症状は違いますが原因は同じようなものです。アトピー性皮膚炎の場合、体内に入ってきたアレルゲンに対して必要以上に反応をすることが原因となります。身体が過敏になっている、という状態ですね。反応しなければ特にアレルギー症状が出ないのに、反応してしまうことで皮膚のかゆみが出てしまいます。

 

花粉症の場合は、アレルゲンが花粉、というだけの違いです。自分自身が過剰にバリアしてしまうことで、有害な物質と感じてくしゃみや鼻水を出したりしながら追い払おうとするのです。人間は自分自身で有害な物質は排除しようとするのですが、その機能が過剰に働いている状態でアレルギー症状は出てしまいます。

 

ラクトフェリンでできる対策

アレルギー症状が辛い場合、そのアレルゲンを摂りこまないという解決方法もありますが、完全に取り払うのは難しいですよね。そこでおすすめしたいのがラクトフェリンです。ラクトフェリンはアレルゲンが入ってきたときに、今までは過剰に反応していた身体を守る細胞を、過剰に働かないようにします。働かないようにすると排出しようとして症状が出ることもなくなって、結果的にアレルギー症状の緩和につながっていきます。

 

アレルギー症状は辛く、もう何十年と付き合ってきた人もいるでしょう。薬を飲んで症状を抑えるという方法もありますが、もっと体質から改善できるといいなと思いませんか?ラクトフェリンは薬ではないので身体にかかる負担も心配しなくていいですし、身体を変えるという意味ではラクトフェリンのほうがおすすめです。もちろん薬がダメというわけではないのですが、違う方法でもアレルギー症状の緩和に繋がる方法があれば試してみたいですよね。ラクトフェリンでアレルギー症状が起きづらい身体を目指しましょう。