ラクトフェリンサプリの飲み方

ラクトフェリンを摂取するとなったら、より摂りこみやすいサプリメントで…ということになります。できるだけ効果が高いタイミングで摂取したいと考えるのが普通ではないでしょうか。

 

胃酸に弱い性質のラクトフェリン

胃酸は食べ物を消化して溶かし、腸が栄養を吸収しやすくするために働きます。胃酸は非常に強力で、胃酸が出すぎていると自分の胃を溶かしてしまう、って知っていますか?胃酸が胃を溶かして胃潰瘍になる、ということもあります。それほど強力な酸性である胃酸ですから、当然ラクトフェリンも胃酸で死滅してしまう可能性があります。ラクトフェリンはとてもデリケートなので、おすすめはできるだけ胃酸が少ないタイミングです。胃酸が少ないタイミングとして一番いいのは、食間です。食事の前は胃酸が準備をしている段階ですし、他に消化するものがない分、ラクトフェリンに対して強い力が働いてしまう可能性があります。食後は胃酸が働いて食事を一生懸命消化しているので、それほど強くなっていない可能性もありますが、頑張って消化している分胃酸がたくさん出ています。

 

食間は胃酸の分泌がある程度落ち着いて、次の食事までの間も空いているので、それほど胃酸が活発になりません。人によってどのタイミングで胃酸が薄まるかはわかりませんが、できるだけ胃酸が薄まっていそうで、あまり強い力を発揮しなさそうな時間帯を狙ってみましょう。

 

摂取量に注意して飲む

 

摂取量というのは、サプリメントの場合だと推奨量として記載されています。薬だと用量が決まっていますが、サプリメントはあくまで食品なので、そういった表示ができないようになっています。でも、だからといってどれだけ飲んでもいいかというと、そうではありません。確かに飲み過ぎたからといって何か急に異変があるか考えてみると、ラクトフェリンはそのような成分ではありません。でも、飲み過ぎても効果が高まるということはないため、推奨量を毎日続けるのが基本の飲み方です。

 

摂取量=推奨量としながら、適切な摂取を心掛けてくださいね。また飲むときは他の成分が邪魔をしないように、必ず水で飲むことをおすすめします。ラクトフェリンを効率よく吸収できるように、サプリメントの飲み方もできるだけ工夫したいですね。