乳酸菌とラクトフェリンって違うの?

ラクトフェリンと乳酸菌の似ているところ

ラクトフェリンも乳酸菌も、主な効果として期待されているのは、腸内環境を整えるという点です。腸内環境を整えるのであれば、ラクトフェリンでも乳酸菌でも同じなのでは?と思うかもしれませんが、そうではありません。働き方がそれぞれ異なります。

 

その他で同じなのは、どちらも乳製品に含まれるという点、そして腸内環境を整えるという目的以外にも、アレルギー症状に対する緩和が期待できる、免疫力を高めるために役立つ、というような点ですね。確かに似ているところはたくさんあります。

 

ラクトフェリンと乳酸菌の違うところ

 

似ているところがある一方で。ラクトフェリンと乳酸菌は別物ですから、違いも当然あります。決定的な違いとしては、ラクトフェリンは糖たんぱく質の一種、乳酸菌は細菌の一種というところです。乳酸菌は自分で増殖しますが、ラクトフェリンは増殖ができません。これが大きな違いではないでしょうか。

 

そしてもう一つ、体内のどの場所で存在しているか、ですね。乳酸菌は腸で活動をするのが基本なのですが、ラクトフェリンは違います。腸はもちろんですが、あらゆるところに移動して活躍することができます。

 

バランスよく摂取しよう

 

ラクトフェリンと乳酸菌の違いを知ったところで、どちらを摂取するのがいいのかというと、おすすめは両方摂取するという方法です。どうして両方摂取したほうがいいのかというと、それはお互いにいいところを引き出してくれるからです。ラクトフェリンは腸内に入ってきた乳酸菌の活動を助け、さらに鉄と結びついて悪玉菌が増えるのを防ぐことができ、乳酸菌が働きやすい環境を作ってくれるでしょう。ラクトフェリンを摂取しながら乳酸菌も摂取する、これこそお互いにいいパートナーといえますね。

 

より強いパワーで腸内環境を整えてくれるため、どちらかを選ぶのではなく、どちらも両方がおすすめです。もちろん摂取しすぎてしまうのはお腹の調子を悪くする原因になってしまうので、量には注意しながらバランスよく摂取してみましょう。サプリメントであれば、どちらもバランスよく摂取しやすいのではないでしょうか。